異なる対策法

害虫駆除は未然防止対策を

最近、食品業界では、虫の混入をなくすための試みとして、いかに虫を侵入させないか、ということに取り組んでおります。工場内に虫がたくさんいたのでは、どうしても防ぎきれないのです。特に飛翔昆虫の飛ぶ場所を制御することは困難であり、侵入させないことこそ最大の対策になって来るのです。こういった取り組みの中で、以前は薬による害虫駆除を主な仕事としてきた害虫駆除業者も、徐々に業務内容を未然防止のほうにシフトしてきています。工場内に侵入してきている虫の種類を特定し、それらがどこから侵入してきているか、また、どこで発生しているか、などを専門知識を生かして特定していき、それぞれに応じた対策をする、というように変わってきているのです。

防虫防鼠はよく話し合って

害虫駆除専門業者は、得意先の紹介や、取引先の紹介などで契約を行うことも多くありましたが、最近では、インターネットで契約にこぎつけるということもできるようになってきました。一般的な傾向としては、大手の害虫駆除業者は、その名が広く知られており、取引先に対してのアピール力があります。そういったアピール力が必要になる場合には、こういった業者と取引を進めるのも一つの方法です。また、地元密着型の業者も、細やかなサービスで対応してくれるところもあり、臨機応変に選択することです。

このエントリーをはてなブックマークに追加